読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローラー60分 / ラン5km

朝起きると足の疲労感、重さたるや半端ない。そりゃそうだ、普通に考えて、人間の身体は自転車で100km走るようには作られていない。でも、先週と大きく違うのは、疲労感はあっても、筋肉痛はないというところ。身体が動くということに慣れてきた証拠だ。

 

今日は疲れないようにゆっくり走るのみ、バイクもランも。そして、メニューをこなさずに、ただ流すだけの日はローラーで。外に走りに行くと、休まないといけないのにがんばってしまう。

ローラー60分 183w 660kj TSS42

ラン5km 23:16

そんな今日一日の中でも、朝より夜に向けて足の疲労が抜けてくるのを実感。

 

さてさて、そんな中で色々な数値を見てみるとしよう。もともと8月末まで全然練習していなかったが、急に練習を始めたので10日強。当然7日以上トレーニングしているので、7日間のトレーニングの指標であるATLは大きく上がる。9/4から9/11までの1週間で54→88へ。一方で42日間のトレーニングの指標であるCTLは大して上がらない。同じ期間で39→49へ。スタート地点が低すぎると言うつっこみはしないように。

僕にありがちなパターンだが、一定期間トレーニングを中断して、突然100%で走り出すから、トレーニング開始時期にATLとCTLの差が極端に開く。そうすると当然だが、この差であるTSBは大きく下降して、現在-39。-39と言う、この数字だけみたらトレーニングを中断しなさいという疲労値なんだろうな。でも、本当の自分の身体の疲労と、この数字の意味を両方自分で理解しているから、まだまだ練習出来るのが分かる。まだまだがんばれる。

最低でも今週は平日も含めてがんばる予定だが、来週の平日はどうしようかな。若干落としてもいい気がする。