読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年初諏訪

バイク

明日しっかり走るので、今日は上げ過ぎないようにしながら諏訪を1本だけ登ってくる。往復も疲れを溜めないように、軽く走る様に意識。でも、復路は結構向かい風が吹いていたので、そこそこ踏んじゃったか。

諏訪はやっぱり登りの練習が足りないことを痛感。最初はそうでもないんだけれど、10分くらいで登れなくなってくる。呼吸がキツいとかじゃなくて、長時間登り続ける、同じ漕ぎを続けることが出来ない、…と思っていたら、帰りにO2に寄ったら森山さんにポジション、身体の使い方、登りの練習が足りないということを正に指摘されるのだが。

諏訪 18:27 278w

f:id:s_kamata11:20160322205305j:plain

トータル70km 2:27 1,602kj TSS137

疲れを溜めない様にとしては、ちょっと走り過ぎたか。


帰りにO2に寄って、買い物と森山さんにポジションを見てもらう。どこかをいじったわけではないが、時間が経てば身体も変わるし、練習が出来てる、出来てないとかもあって、しっくりこなくなっていたので見てもらったら、サドルが上がって、ハンドルが下がった。むしろ逆にサドル下げないといけないかと思っていたら上げないといけないのか。

よく考えてみると、1年ちょっと前にプレシジョンフィットを受けて、サドルを下げて、ハンドルを上げたので、結局、その前のフィッティングに戻った感じか。これで明日しっかり走って、しっかりハマればいいが。それと登りの走り方、身体の使い方を思い出させればいいが、決して新しいことをやるわけではなくて、出来ていたことを思い出すだけなのだから、きっと出来るはず。